大人ニキビ、【パルクレール美容液】

口の周りの大人ニキビについて

口の周りは食べ物や飲み物によってばい菌が繁殖しやすい場所でもあり、刺激を受けやすいパーツです。

一度大人ニキビができてしまうと、どんどん広がりやすいリスクがあり、悪化しやすいところです。

口の周りにできるニキビの原因ですが、

・胃腸の調子が悪い
・ビタミン不足
・自律神経やホルモンのバランスが乱れて、皮脂が過剰分泌されている

胃薬は口の周りのニキビに効果的です。

口の周りのニキビは、食生活が原因のことが多いものです。食べる物にも気をつけて同時に胃の調子も健康的な状態にしておきたいものです。

暴飲暴食や偏食をして胃腸の調子が悪くなると、血液が胃に集められて、全身にうまく行き渡らなくなります。

また、肝臓の調子まで悪くなると、解毒作用が弱くなるので、毒素が体内を循環し、肌がダメージを受けるんです。

なかなか食事の量を適切にすることは難しいですが、そんな時も、調子が悪くなったら胃薬を飲みつつ、体内の調子を整えて回復を待つようにしてください。

薬に頼るのもいいですが、まずは胃を空っぽにして休ませてあげるということを実践してみてくださいね!

また口の周りにできる大人ニキビの原因のビタミン不足ですが特にビタミンB群とCは、大人ニキビのない肌には大切な役割があるんです。

ビタミンB群のなかでも、ビタミンB2とB6が皮脂の分泌を抑え、荒れた肌の回復してくれるので、ニキビ治療にうってつけです。

卵、レバー、 納豆、 牛乳、 バナナ、 マグロの刺身に良質のビタミンが含まれています。 

サプリメントの力を借りて食生活の改善を図ってもよいかもしれません。

またビタミンCには3つの効果があり、

・皮脂の過剰な分泌を抑える
・炎症を抑える作用がある 
・コラーゲンの生成を促進する

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれているのは分かっていますが、実際そんなたくさん食べるのはたいへんです。

そんな方には、スムージーやジュースとして摂取するのもよいかもしれません。飲めば、必要なビタミンが一度に摂れるので、気軽に始められます。

自律神経やホルモンの乱れはニキビにつながるので注意が必要です。

不規則な生活やストレスが多い生活を続けていると自律神経やホルモンのバランスが崩れてきます。

自律神経が乱れると、身体の様々な部分に問題が発生するのですが、それはニキビについてもいえます。

ニキビの原因となるのは、男性ホルモンだと言われています。とくに口周りのニキビに影響するのが「アンドロゲン」というホルモンです。

これを生成しないためにおすすめな方法は、 体を定期的に動かす(ストレッチやウォーキングなど)や睡眠時間をしっかり確保することです。

また、ホルモンのバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まります。そして、その状態でアクネ菌が繁殖するとすぐに炎症ができてしまい、赤ニキビになります。

生活習慣を整え、睡眠時間をきちんと取りながら、よりよい美肌環境を作っていきましょう。

→二キビ+美肌ケアを同時にできるニキビケアに特化したオールインワン化粧品【パルクレールジェル】はこちらからどうぞ!
パルクレールジェル

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを